ダンジョンズ&ドラゴンズ トップページへ
D&Dトップ
フォーゴトン・レルム
D&Dミニチュア

見よ大自然が育てた英雄たちの姿 「自然の種族」 12月27日(水)発売!

プレビューを見る

はじめに


 『自然の種族』は『ダンジョンズ& ドラゴンズ』用のサプリメントである。基本的にはプレイヤー向けの本で、エルフやハーフリングや新しい種族、翼あるラプトランをプレイしたいと思っているプレイヤーのための、新しい選択案や拡張ルールをもっぱら収めている。また、DMにとっても本書は、エルフが樹上に築く都市、ハーフリングのキャラバン、ラプトランが崖の壁面に設ける住居……を舞台とした冒険の素材として大いに役立つであろう。


“自然の種族”とは何か?


 D&D世界の野外に住むものは、野生動物や狂暴なモンスターだけではない。おどろくほど多種多様な知的種族もいる。その中から、本書では3種族を主に取りあげる。大森林に住み、自然界のリズムと和合して文明を築くエルフ。放浪の生活を送り、それゆえに自然の中を流浪するハーフリング。文明の土地を遠く離れ、崖の壁面に住居を設けて生きるラプトランである。 本書が最も重点的に扱うのはこれら3種族だが、他の自然の諸種族についても紹介している。その中にはフェイもいれば( キローレンがこれである)、野生の人型生物もいれば( キャットフォークやノールがこれである)、人怪もいる( ケンタウロスがこれである)。また、自然の諸種族が古くから友としてきた各種の動物も本書に収録されている。


本書の内容


 試みに、人間たちが故郷と呼ぶ大都市の城壁の外を見てみよう。そこに見えるのは何か。目路のかぎり、地平まで広がる広大な大自然。人跡まれなその自然のふかみに、エルフは古い魔術のわざを磨き、ハーフリングは次の丘を越えた向うには何があるのだろうと夢見、ラプトランはエア・エレメンタルと契約を結んで天にまで昇ろうとしている。さあ、テントをたたみ携帯用寝具を片付けよう。今こそ旅立ちの時だ。この広大な自然を故郷と呼ぶ諸種族と出会うべき時だ。
 本書巻頭に来るのは、エルフという種族、『プレイヤーズ・ハンドブック』中で最も人を魅してやまぬ一種族の、文化と伝統と信条についての踏みこんだ考察である。創造的で瞑想的、誇り高く意思の強いエルフたちは生来、他のいかなる主要種族よりも秘術魔法に近しく、その一方で果敢な戦士ともなり得る。エルフのプレイヤーは、エルフの一般的なことわざや慣用句から、想像力を刺激するエルフの伝説に至るまで、ロールプレイに役立つたくさんの材料をここに見出すだろう。
 古い森をすみかとするのがエルフの常なら、旅をすみかとするのは少なからぬハーフリングの習いである。大自然は彼らの遊び場である。現実的でどこか愛嬌があり、好奇心豊かでどんな生活にもすぐにとけこむハーフリングたちは、ひょっとすると主要種族の中で最も自由な魂を持つ者かもしれない。彼らはめったに腹を立てないが、だからといってお人よしではなく、やることに抜け目がない。彼らにとっては自分の今いるところこそが家なのだ。このような放浪の文化に属するとはいかなることか。本書はハーフリングのプレイヤーがハーフリング社会の機微を知り、彼らが放浪の生活をいかなるものと感じているか、宗教や信仰をどのように扱っているか……といったことどもを追及する助けとなるであろう。
 さて、自然の諸種族のうち、恐らく最も謎めいたものはラプトランであろう。これは空を飛ぶ人型生物で、知恵深く献身的で油断がなく、戦では勇猛果敢である。自由を尊び、独自の神々を愛してその教えを守り、ラプトランに飛行の力を授けるエレメンタルの諸公との契約を重んじる。この新種族は本書初登場である。プレイヤーがラプトランのキャラクターを作成し、独特の複雑な文化に属するキャラクターをプレイするのに必要な情報は、すべて本書に含まれている。
 そのほかケンタウロス、ノール等、自然界によく見られるいくつかの種族についても簡単な解説がある。『MiniaturesHandbook』(『D&D ミニチュア』をD&D で活用するための未訳サプリメント)初出のキャットフォークも本書で再登場を果たした。また、まったく新しいフェイの種族、大自然の精霊を体現した生きものというべきキローレンも登場する。こうした本書第4章の種族にはいずれも、これをPC として使うことを念頭に置き、完全なゲーム上のデータが付されている。データの中には強力な種族のためのレベル調整値やモンスター・クラスも含まれる。
 さらには、この世の自然の土地に生まれ育ち、自然を庭とするキャラクターたちのための、かずかずの新しい選択肢も本書に収録されている。新しい特技や上級クラスは、既存のキャラクターを強化するにも、新しい思いつきを得て新規にキャラクターを作るにも役立つだろう。各種族の文化的情報は、セッション中のロールプレイに有益な刺激ともなるであろうし、またDM が自然の諸種族にまつわる面白い遭遇やシナリオやキャンペーンを組み立てるにも役立つであろう。そして冒険の旅をする自然の諸種族の集団をいかに組み上げればよいか、彼らが故郷と呼ぶ土地(またはその近辺)におけるシナリオをいかに組み立てればよいか……について、DM に大いに助けとなるであろう一章をもって、本書はその幕を閉じる。



※プレビューの文章はいずれも製作段階のもので、製品版とは一部異なる可能性がございます。予めご了承下さい。
『自然の種族』 プレビュー   (発売日まで定期更新します)

エルフの家族 ハーフリングの生活 ラプトランとは? ラプトランの誕生
キャットフォーク キローレン ケンタウロス ノール
アーケイン・ハイエロファント ウィスパーナイフ スカイプレッジド ストームタロン
チャンピオン・オヴ・コアロン・ラレシアン ラックスティーラー ルアサー ワイルドランナー
エルヴン・ハウンド コーデヴォク ダイア・ホーク ブリクサシャルティ