ダンジョンズ&ドラゴンズ トップページへ
D&Dトップ
フォーゴトン・レルム
D&Dミニチュア

英雄は岩のごとく厳かで揺るぎない 「石の種族」 8月23日(水)発売!

はじめに

 『石の種族』は『ダンジョンズ&ドラゴンズ』用のサプリメントである。基本的にはプレイヤー向けの本で、ドワーフやノームや新しい種族、筋骨隆々たるゴライアスをプレイしたいと思っているプレイヤーのための、新しい選択案や拡張ルールをもっぱら収めている。また、DMにとっても本書は、ドワーフの都市、ノームの巣穴、ゴライアスが故郷と呼ぶ山々……を舞台とした冒険の素材として大いに役立つであろう。


“石の種族”とは何か?

 地中あるいは山岳に生きる種族はみな“石の種族”と呼ばれ得る。その中から、本書ではプレイヤーにとって特に興味深いものであろうと思われる3種族を主に取りあげる。地下に広大な共同体を築いているドワーフ。穴ぐら住まいのノーム。そして山に住む放浪の民ゴライアスである。
 また、本書にはドワーフやノームの新しい亜種族も登場する。ドリーム・ドワーフ、ウィスパー・ノーム等である。さらにその他の石の諸種族─たとえば未訳サプリメント『Miniatures Handbook』が初出のストーンチャイルドなども収められている。けれど世にあるのは友ばかりではない。石の諸種族の古くからの敵、たとえばストーン・ドレイクなども、本書に詳述されている。


本書の内容

 本書にはプレイヤーにとってもDMにとっても有用な情報が含まれており、石の諸種族に関係あるキャラクターやクリーチャーのための、新しく面白い選択肢が揃っている。プレイヤーは自分のキャラクターのための新しい選択肢を見出し、そして恐らくは、次に作るキャラクターについて(こんどはこんなふうにしよう)という新しい発想を得るだろう。DMにとっても、ドワーフ、ノーム、ゴライアスの間での、興味深いNPCや恐るべき挑戦に満ちたシナリオを作成するのに、本書は大いに役立つだろう。
ドワーフ(第1章):この章は『プレイヤーズ・ハンドブック』第2章に出てきたドワーフの説明を踏まえた上で、さらにドワーフの心理、伝統を尊び氏族と家族に対する帰属を重んじること……等に踏みこむ。また、ドワーフらしく語り行動するにはどうすればいいか、ドワーフ文化のまっただ中で暮すというのはどういうことか、といったことどもをも説明。祖先に対する敬意から、ひげに対する愛着まで、この章にはドワーフのすべてがある。
ノーム(第2章):ドワーフがまじめで堅実な種族なら、ノームは独創的な気まぐれとらんちき騒ぎがつきもののトリックスターである。第2章では、実体験と幻影とバードの伝統を重んじる社会で育つというのはどのようなものかという点を詳述。ノームの共同体を訪れるキャラクターも、本章の情報を活用すれば、ノームの言語を話し、ノームの“もてなし”の習わしに敬意を払い、そして(うまくすれば)ノームのいたずらの最悪のものから逃れることができるだろう。
ゴライアス(第3章):ゴライアスは大柄なたくましい狩猟採集民で、常人を寄せつけない山岳地帯を部族単位で放浪し、毛皮や肉や細工物を、巨人とドワーフの双方と取引している。ゴライアスの文化は競争を重んじ、部族の大事さと個人個人の価値の双方を同時に認識している。本章ではゴライアスの神格や伝承からゴートボールのルール、その他彼らが余暇に好んで行なう活動に至るまでのすべてを詳述する。
他の石の諸種族(第4章):本章はドワーフ、ノーム、ゴライアスの3種族に関わりのある、その他の多種多様な種族を扱う。ケイオス・ノーム等の新しい亜種族の完全なゲーム・データ、モンスター・クラス、そしてフェラル・ガルガンのような強力な種族のためのモンスター・クラスについての情報も収録。
上級クラス(第5章):本章には石の諸種族をぜひプレイしたくなるような15の上級クラスを収録した。ドワーフのバトルスミス、ノームのシャドウクラフト・メイジ、ゴライアスのドーンコーラー等々。とはいえ、すべての上級クラスが“ドワーフかノームかゴライアスでないとなれないクラス”というわけではない。中にはストーンブレシドのような石の種族の友がなるクラスもあれば、ストーンデス・アサシンのような石の種族の敵のためのクラスもある。
拡張ルール(第6章):本章には石の諸種族のための65の新特技、種族代替レベル、そして〈鑑定〉から〈はったり〉までのさまざまな技能の新しい使用法を収める。
装備と魔法(第7章):ドワーフ造りの武器、ノームの工房謹製の新しい錬金術アイテム、魔法のルーン円陣などなどを詳述。
石の種族のキャンペーン(第8章):本書最終章は石の諸種族の冒険者パーティの組ませかたや、ドワーフの都市やノームの穴ぐらやゴライアスの山の野営地を舞台にしたシナリオの作りかたについての有益な助言を含む。石の諸種族にとっての脅威となり、あるいは友となる各種モンスターも収録。



※プレビューの文章はいずれも製作段階のもので、製品版とは一部異なる可能性がございます。予めご了承下さい。
『石の種族』 プレビュー   (発売日まで定期更新します)

※画像をクリックすると詳細ページが表示されます。

アース・ドリーマー アイアン・マインド クラグトップ・アーチャー ゴライアス・リベレイター
シャドウクラフト・メイジ ストーンスピーカー・ガーディアン ストーンデス・アサシン ストーンブレシド
ディープウォーデン ディヴァイン・プランクスター ドーンコーラー バトルスミス
ブレード・ブラーヴォ ペレグリン・ランナー ルーンスミス ウィスパー・ノーム
ケイオス・ノーム ストーンチャイルド ドリーム・ドワーフ フェラル・ガルガン