ダンジョンズ&ドラゴンズ トップページへ
D&Dトップ
フォーゴトン・レルム
D&Dミニチュア

冒険こそ宿命の英雄たちに相応しい 「宿命の種族」 9月30日(土)発売!

はじめに

 『宿命の種族』はダンジョンズ&ドラゴンズ・ゲームのサプリメントだ。本書にはプレイヤー向けの情報とDM向けの情報の両方が収録されている。プレイヤー向けの情報としては新しい特技、呪文、上級クラス、種族がある。DM向けの情報としては冒険シナリオ作成用の素材がある。キャラクターを人間の都市や、人里離れた場所に聳えるイルーミアンの要塞へと導く冒険だ。そして彼らはその道中、ハーフエルフの外交官やハーフオークの傭兵といったような魅惑的で危険なキャラクターと出会うことだろう。


“宿命の種族”とは何か?

 大部分のD&D世界では、人間の社会が地図の大部分を支配しており、人間の文化が標準となっている。従ってその他の文化は人間の文化との比較で記述される。その他の種族もすばらしい能力と長い歴史を持っているにもかかわらず、世界の命運は人間とその関連種族の手に委ねられているかのように見える。本書はこれらの宿命の種族にその焦点を当てている。ここでいう宿命の種族とは人間と、その血脈の中を多かれ少なかれ人間の血が流れているその他の種族を指す。すなわちハーフエルフとハーフオークだ。本書はまた、かつては完全な人間だった種族や、人間とともに暮らすのが一般的であるようなクリーチャーも取り上げている。前者の例としてはイルーミアン、後者の例としてはドッペルゲンガーが挙げられる。
 本書に記述されている各種族に共通するテーマは宿命、共同体、異種交配だ。エルフやドワーフといったような長命の種族と比較して、人間の血を引く種族がこの世界に誕生してから比較的短い時間しか経過していないにもかかわらず、彼らは自らの遺産を築き上げたり、自らの都合に合わせて世界を改変するために熱心に頑張っている。人間は探検し、征服し、定住し、文明の境界線を常に押し広げている。彼らの村は町になり、町は都市になり、都市は世界中の“大立て者”が集う国際都市になる。
 人間は拡張と発展を駆り立てる衝動を持つため、時々顕著な結果がもたらされる。人間とエルフの血が混じりあうことによって最初のハーフエルフが誕生した。人間とオークが結合することによって最初のハーフオークが生まれた。とあるソーサラーの儀式に関連する野心的な実験によってイルーミアン種族が誕生した。彼らの社会全体が、魔法の言葉が持つ力の上に成り立っているのである。


本書の内容

 大部分のプレイヤーとDMはさしたる負担なく人間のキャラクターをプレイすることができる。したがって本書は、一般的な用語で人間を定義するのではなく、歴史を通して人間の文化を形成してきたトレンドを取り上げる。たとえば都市建設、宗教、芸術、戦争といったようなテーマだ。『宿命の種族』はまた、人間がその他の種族をどう見ているかに関する新しい見解も提供している。さらには人間の多才さに相応しく、宿命や共同体に関する本書のテーマにフィットした特技や上級クラスも記述されている。
 D&D環境において人間ほど異種交配した種族はない。そのようにして他の種族を吸収(征服と言う者もいる)する人間の傾向については、交配種族(なかでも特にハーフエルフとハーフオーク)に関する議論の中で簡潔に触れている。ハーフエルフとハーフオークは、人間の祖先を共有するという点を除けばほとんど共通点はなさそうに思えるかもしれない。しかしながら『宿命の種族』は、2つのまったく異なる世界に引き裂かれた人生を送ることによって発生する、社会的および心理的影響を取り上げている。これに関しては、ハーフオークの追放者的態度からハーフエルフの受容欲求まであらゆるものをカバーしている。本書はまた、2つの血統を持つこれらの種族に相応しい新特技、上級クラス、種族代替レベルなども提供している。
 魔法的な世界において人間がいかに発展することができるかを示すために、我々はイルーミアンを紹介する。魔法の言語を使用して人間性を超越した神秘の人々だ。知識に対する彼らの野望と渇望はあらゆる人間のそれを凌駕する。しかしながら彼らは神秘の秘術を手に入れるために、自らの人間性(とその多才さ)の一部を犠牲にしなければならなかった。彼らの秘術は彼らの頭部の回りを回る、光る秘印として実体化する。人間が都市に集まるのに対し、イルーミアンは彼らの秘密結社居住区において力と保護を得る。本書には、イルーミアン・キャラクターを作成するのに必要な情報に加えて、イルーミアンの文化に根ざした新しいキャラクターを作成するのに十分な詳細情報が記述されている。『宿命の種族』はまた、イルーミアンのキャラクターやNPCをプレイする際に有用な“おもちゃ”もいくつか提供している。そのなかには種族特技と上級クラスも含まれている。同様にDMも既存のキャンペーンに、特に問題なく、神秘的なイルーミアンを導入することができるだろう。そして自身が作成する冒険シナリオの中で、イルーミアンをパトロン、仲間、あるいは敵として使用することができる。
 『宿命の種族』はまた、人間の中で平和裡に暮らしている種族や、人間の社会の中に潜入するのに成功した種族についても一通り解説している。たとえばねじくれ曲がったマングラルフォーク、高貴なアアシマール、高貴の対極に位置するティーフリング、隠密のドッペルゲンガーなどなど。君がへんてこりんな種族をプレイしたいと考えているなら、あるいは君のプレイヤーが次に遭遇するであろう不倶戴天の敵を探しているなら、本書が役に立つだろう。
 要するに本書は、君の世界に存在している人間の帝国の運命と結びついた宿命(良い宿命だろうと悪い宿命だろうと)を持つ種族を紹介しているのである。その多才さと適応力ゆえに人間のキャラクターのプレイを君が楽しんでいるなら、そのような人間の性質をプレイする新しい方法を『宿命の種族』は君に提供する。その人間性の一部と引き替えに超常能力を手に入れた、人間に似た種族を君が探しているなら、神秘的なイルーミアンが君の興味を引くかもしれない。最後に『宿命の種族』は、伝統的に苦悩に満ちている混血種族が持つニュアンスの一部も紹介している。人間社会における彼らの居場所を明らかにするとともに、彼らのプレイをより楽しいものにするような新しい選択ルールを提供しているのだ。



※プレビューの文章はいずれも製作段階のもので、製品版とは一部異なる可能性がございます。予めご了承下さい。
『宿命の種族』 プレビュー   (発売日まで定期更新します)
  • 粘土物語
  • こけたドワーフ
  • オラティー物語
  • 壊れた鋳型

  • アウトキャスト・チャンピオン アーバン・ソウル カメレオン シャドウ・センチネル
    ハーフエルフの社会と文化 ハーフオークの社会と文化
    スカー・エンフォーサー メナシング・ブルート ローアデルヴァー アアシマール
    アンダーフォーク シー・キン シャラキム スカルク
    ティーフリング ドッペルゲンガー ハーフオーガ マングラルフォーク