ダンジョンズ&ドラゴンズ トップページへ
D&Dトップ
フォーゴトン・レルム
D&Dミニチュア

第4章 キャラクター・クラス紹介

ファイター

 「ドラゴンめ、まずはこの俺が相手だ!」


 ファイターは、他の冒険者仲間たちを守るための鍛錬を積んだ決意固き戦闘の達人である。ファイターは敵をなぎ払い、打ち倒して屈服させ、重厚な鎧で敵の攻撃を跳ね返す。戦いの最前線とは、ファイターが立っている場所のことだ。ファイターが得物を抜く理由はさまざまである─金、名誉、義務、あるいは単に自分のわざを思う存分振るうため。
 君の腕前がいかほどのものであろうと、またどんな武器のわざを窮めていようと、君が誰を屠り、誰を守るかは君の志しだいだ。君は気高き大義に剣を捧げた高貴なる勇者かもしれないし、賞賛よりも金貨の音を聞きたがる計算高い傭兵かもしれない。暗殺の手から逃げ出した流浪の王子かもしれないし、手ごたえのある相手を求め続ける血に飢えた悪漢かもしれない。
 君の未来は君のものだ。君は得物を抜くとき、どんなときの声をあげるのだろうか?


ファイターの概説

 特性:高いACと多くのヒット・ポイントを持つ君は非常に打たれ強く、物理的な攻撃に対してはきわめて頑健だ。遠隔攻撃はあまり得意ではないが、近接戦闘は君の独壇場だ。君の特殊な能力により、敵は君を無視すると痛い目を見ることになる。これによって君は敵を引きつけて仲間からは遠ざけておくことができる。
 宗教:ファイターが戦争、戦い、冒険、武勇などの神格を好むのは当然のこと。バハムート、コード、アヴァンドラは人気が高い。無属性または悪のファイターの多くは戦神ベインに敬意を払う。
 種族:ファイターにはどんな種族の者もいる。中でも数が多いのはドラゴンボーン、ドワーフ、ヒューマンだ。