【FF-TCG】Jの大会レポート「MASTERS」東京大会編

『FINAL FANTASY Trading Card Game』の公式記事連載。今回は、先日開催された「MASTERS」東京大会に参加したライター、Jさんのレポートをお届けします。チームでの戦いとなった今大会で見事優勝したJさん、果たしてどんなコンセプトのデッキで挑んだのでしょうか!?

 

◆凱旋!

皆さん、こんにちは。『FF-TCG』プレイヤーの です。
今回は「MASTERS」東京大会に参加してきましたので、そのレポートをお届けしたいと思います。

「MASTERS」東京大会は3人1組のチーム戦。スタンダードの構築ですが、

・すべてのカードプールは3人で共有(1チームで同じカード番号のカードは3枚まで)
・チームの3名どうしが同時に対戦し、2勝以上したチームが勝利

という2点のルールがあり、普段とは一味違った緊張感がありました。
私は親しい友人たちとチームを組み、入念なデッキ調整と練習を積んで出場しました。今回はそのレポートをお届けします。

◆パワー重視の「土単」で突撃!

今回使用したデッキは、以下のとおりです。

「土単」

カードNo. カード名 枚数
フォワード(24枚)
【1-093H】 《ヴァニラ》 1
【1-097H】 《ガイ》 1
【1-101R】 《ギップル》 2
【2-075H】 《イングズ》 3
【2-091C】 《ヤン》 2
【2-094H】 《リディア》 3
【3-073C】 《アーシュラ》 3
【3-095R】 《ヤン》 3
【3-084C】 《WRO隊員》 3
【3-088L】 《ディリータ》 1
【1-181H】 《オニオンナイト》 1
【3-154S】 《ジタン》 1
バックアップ(17枚)
【1-085R】 《エナ・クロ》 3
【1-105C】 《幻術師》 3
【1-111C】 《タマ》 1
【1-120C】 《モンク》 3
【1-204S】 《ジェシー》 1
【2-089C】 《モンク》 2
【2-093H】 《ラウバーン》 1
【3-085C】 《WRO隊員》 3
召喚獣(9枚)
【1-106C】 《ゴーレム》 3
【1-117R】 《ヘカトンケイル》 3
【3-074R】 《アトモス》 3

 

土属性の優秀なフォワードたちを並べて、力で戦線をこじ開けることがコンセプトとなっています。高いパワーラインと、単色ならではの安定感が魅力の土単。力こそパワー!

◆フォワードの選択

条件を満たすとブレイブを持ち、パワーも7000になる【3-084C】《WRO隊員》! 強い!
そろうとパワーが9000に跳ね上がる【3-095R】《ヤン》と【3-073C】《アーシュラ》! 強い!

全体除去のスペシャルアビリティを持つ【2-094H】《リディア》、全体強化の【1-101R】《ギップル》など、主力級のフォワードはそれぞれ2枚以上、メタ要員として、除去に強い【1-093H】《ヴァニラ》、ダルに強い【1-097H】《ガイ》、とにかく厄介な【3-088L】《ディリータ》をそれぞれ1枚投入しました。

【2-075H】《イングズ》はなるべく初手に引きたいので3枚投入しています。バックアップを1枚出せれば、実質2コストですからね。
光属性の【1-181H】《オニオンナイト》は、土単における貴重なヘイスト持ちの奇襲フォワードとして、【3-154S】《ジタン》は標準のパワーとドローを兼ね備えた軽量フォワードとして、それぞれ1枚ずつ投入しました。チームメイトのデッキにも【3-154S】《ジタン》が入っているので、枚数を分けています。

◆バックアップの選択

2コストのバックアップに加え、【1-105C】《幻術師》を3枚投入して、序盤の展開力を高めることを重視しました。
また1ターン目の【2-075H】《イングズ》から、バックアップが1枚フィールドに出ていることを想定して【1-105C】《幻術師》や【1-204S】《ジェシー》、【1-085R】《エナ・クロ》といった、奇数コストのバックアップを増量しています。

 

◆召喚獣の選択

ブロック時に大きくフォワードを強化できる【1-106C】《ゴーレム》、対戦相手の強力なバックアップをブレイクする【1-117R】《ヘカトンケイル》、フォワードを除去する【3-074R】《アトモス》と、役割を明確に分けて、それぞれを3枚投入しました。召喚獣9枚はやや多いように思われるかもしれませんが【2-094H】《リディア》のスペシャルアビリティの弾になったり、【1-093H】《ヴァニラ》をフィールドに戻したりと、召喚する以外の使い道もあるのであまり問題になりませんでした。


◆デッキを組んだ時点での手ごたえ:シンプルイズベストを目指せそう!

わかりやすい強さと効果を持つフォワード、バックアップ、召喚獣でまとめることで安定感を得るだけでなく、自分のターンに時間をかけて迷うことが少なくなりました。
バックアップを並べ、フォワードをフィールドに出し、強化して攻めるという、まっすぐで正直なプレイスタイルが、自分の性格にマッチしていました。

このデッキで「MASTERS」東京大会に参戦しました。
ここからは当日の対戦の様子をお伝えしていきます。

 

●第1回戦:対「雷単」デッキ 勝ち

序盤からバックアップが引けない苦しい序盤でしたが、【3-084C】《WRO隊員》を1、2ターン続けてフィールドに出して攻めます。対戦相手はバックアップを展開してから【2-099L】《イデア》で【3-084C】《WRO隊員》1枚をブレイク。

ヘイストを付与する【1-121C】《赤魔道師》を立たせながら【2-097H】《アルシド》からの【3-109C】《サイス》ににらまれ、もう1枚の【3-084C】《WRO隊員》が【2-099L】《イデア》と相打ち。不利な状況でしたが、返しに運よく【3-095R】《ヤン》と【3-073C】《アーシュラ》を出すことができました。

追加のダメージがあるのか、対戦相手は果敢にアタックを仕掛けてきたので、警戒してダメージを受けると1点目でめくれる【2-093H】《ラウバーン》! EXバーストにも救われ、有利な流れになりました。

【1-101R】《ギップル》を出してダメージを追加しつつ、相手の【3-095R】《ヤン》への除去に合わせて【3-073C】《アーシュラ》のスペシャルアビリティを使い【3-113R】《ナイン》をブレイクするなど、盤面上では一歩も引きません。
【3-101R】《エヌオー》を出されて、雷の除去に強いはずの【1-093H】《ヴァニラ》が機能しなくなりましたが、有利な盤面のまま【1-093H】《ヴァニラ》に【2-089C】《モンク》を使って【3-101R】《エヌオー》と相打ち。

しかし、終盤に闇属性の【3-148H】《デスペラードカオス》が登場。先制攻撃とパワー10000を持つ強大なフォワードが立ちふさがりましたが、返しのターンのドローで【1-101R】《ギップル》を引きこめたので、パワーラインを上げて一気に押し切って勝利。高いパワーで躊躇せずに攻めるというコンセプトどおりの動きができました。

●第2回戦:対「氷単」デッキ 負け

初手から【2-075H】《イングズ》をプレイしてバックアップを出し、続けて【1-097H】《ガイ》をプレイ。
ダルとハンデスが得意な氷に対しては、積極的に手札を切って序盤から攻めていくのが強い動きだと考えており、特に【1-097H】《ガイ》は氷には除去できないと思っていたのですが、中盤に対戦相手が【1-036C】《吟遊詩人》を起動してこちらの手札を0枚にさせられ、

「【3-036H】《シド・オールスタイン》」!!

【1-097H】《ガイ》をブレイクされ、パワー9000の【3-036H】《シド・オールスタイン》が立つ。対抗できる【3-095R】《ヤン》と【3-073C】《アーシュラ》はそろわず、【3-031R】《クラサメ》の効果で【2-075H】《イングズ》が凍結されてブロックもできない。一瞬の油断から形勢が崩れ、ダルとハンデスできっちりコントロールされて負けてしまいました。

 

●第3回戦:対「雷単」デッキ 負け

バックアップ2枚から【3-084C】《WRO隊員》をフィールドに出し、アタック!

「EXバースト【1-124R】《オーディン》

……続けて【3-084C】《WRO隊員》を出してアタック!

「EXバースト【1-124R】《オーディン》

……心が折れそうになりながらもバックアップとフォワードを展開しますが、【3-100L】《エクスデス》のスペシャルアビリティで場とブレイクゾーンのすべてのカードが除外されます。
【1-085R】《エナ・クロ》を1枚置いてから【3-088L】《ディリータ》を出しましたが、相手も犠牲を承知で【2-097H】《アルシド》から【1-125R】《オニオンナイト》を展開。2枚と【3-088L】《ディリータ》は同時に倒れますが、【3-100L】《エクスデス》のダメージが止まらず。
【1-093H】《ヴァニラ》で粘るも【1-117R】《ヘカトンケイル》を使い切り、最後は【2-098L】《異才のアモン》でブロッカーをダルにされて負けてしまいました。

 

●第4回戦:対「水単」デッキ 勝ち

対戦相手の【1-171H】《ミンウ》と【1-180R】《ワッカ》を【1-117R】《ヘカトンケイル》でブレイクすると、バックアップが止まります。しかし、【3-123R】《暗黒の雲ファムフリート》や【2-135H】《ポロム》のアビリティでフォワードを除去され、序盤はなかなかダメージが与えられません。
中盤はお互いフォワードが少ない盤面から、【1-101R】《ギップル》で全体を強化して攻めるなど、ダメージは5対5に。

ゲーム終盤、対戦相手はアビリティで自身をパワー+1000した【3-138H】《セオドア》がアタック、ダメージを受けたくないので【1-101R】《ギップル》でブロックしました。第二メインフェイズで【3-146H】《ミネルヴァ》を出してきたので、【2-094H】《リディア》のスペシャルアビリティを使うと、相手は【1-157C】《学者》のアビリティを起動して【3-138H】《セオドア》を手札に戻しましたが、【3-146H】《ミネルヴァ》にも7000ダメージが入っているので、【3-146H】《ミネルヴァ》に向って手札から【3-074R】《アトモス》を召喚!
ブロッカーがいなくなったので、追加で2点が入って勝利できました。

 

第5回戦:対「風水」デッキ 勝ち

風と水はパワー7000のフォワードが多いので、こちらも【3-154S】《ジタン》や【2-094H】《リディア》を出してけん制しつつ、【1-095R】《エナ・クロ》を置いて【3-084C】《WRO隊員》と2コストの【3-095R】《ヤン》で攻防一体の攻めを見せます。
【1-101R】《ギップル》でパワーラインを高めてダメージを追加。フォワードのパワーでは勝っているうえに、相手がフィールドに出した【1-083H】《マリア》を【1-117R】《ヘカトンケイル》でブレイク。最後は【3-074R】《アトモス》と【2-093H】《ラウバーン》でブロッカーを除去して鮮やかに勝利しました。

デッキの大半のカードが低コストのようで、【3-139C】《ナイト》や【3-142H】《ものまねしゴゴ》を強化する【2-050H】《アルクゥ》や【1-180R】《ワッカ》などを最後まで出されなかったのが勝因でもありました。

 

第6回戦:対「風氷」デッキ 負け

先日アメリカであった『FF-TCG』の公式大会で結果を残した「風氷」デッキに似ていました。
相手は【2-036R】《シャルア》と、手札を1枚コストにして【1-043H】《スノウ》。守ったら負けてしまうので、こちらは【1-181H】《オニオンナイト》で先制します。

ゲーム中盤、直前のターンに【3-084C】《WRO隊員》が【3-033L】《ジェネシス》にダル・凍結され、こちらのブロッカーは【3-073C】《アーシュラ》と【1-181H】《オニオンナイト》のみ。【1-043H】《スノウ》と【3-033L】《ジェネシス》がパーティアタックし、【1-181H】《オニオンナイト》がダルにされたので、ダメージ1点と手札1枚か、【3-073C】《アーシュラ》を失うかの2択に。

そこを【3-073C】《アーシュラ》でブロック、【1-106C】《ゴーレム》を召喚して2体を相打ちに持ち込みますが、続くフォワードが引けず、3コストの【2-066R】《バルフレア》にダメージを受けてしまい、厳しい状況に。
小さいフォワードを一掃できる【2-094H】《リディア》でアタックしてしまい、EXバーストで【1-193S】《ジル・ナバート》がめくれて【2-094H】《リディア》が凍結。返しのターンに【3-032R】《シヴァ》でブロッカーをダルにされ、【1-075C】《チョコボ》たちに駆け込まれて負けてしまいました。
【2-094H】《リディア》のスペシャルアビリティで一掃する考えのはずが……無念。

 

予選ラウンドの結果
個人戦績:3勝3敗

ですが、

チーム戦績:5勝1敗

チームメイトに助けられ、決勝トーナメントに進出することができました!

 

●決勝トーナメント 第1回戦:対「風水」デッキ 勝ち

5回戦で対戦したチームとの再戦です。
相手の陣容が整うまでに、【3-084C】《WRO隊員》などのフォワードを早いターンで展開し、【1-101R】《ギップル》による強化も合わせて5点までダメージを与えます。

今回はしっかり【2-050H】《アルクゥ》と【1-180R】《ワッカ》が対戦相手の場に出て、【3-139C】《ナイト》のパワーが10000になっていました。その【3-139C】《ナイト》が3枚並んで攻めづらくなりますが、相手も後がないためブロッカーを残しながら慎重にアタックしてきます。
【1-117R】《ヘカトンケイル》で【1-180R】《ワッカ》をブレイクしますが、それでもパワーが高く、こちらはフォワードを並べることしかできませんでした。

ゲーム中盤、相手が【3-137R】《スタイナー》をプレイ、【3-154S】《ジタン》をサーチしてプレイしてきたので、スタックで【2-094H】《リディア》のスペシャルアビリティを起動!【3-137R】《スタイナー》、【3-154S】《ジタン》を含め、【3-139C】《ナイト》以外の対戦相手全てのフォワードを一掃し、勝った! と思ったのですが……。
対戦相手は残ったバックアップ1枚から【1-199S】《パイン》をプレイ、バックアップを3枚アクティブにして【3-144L】《レナ》、【3-139C】《ナイト》を復活させるという、ミラクルな展開をされてかなりショックを受けます。

しかし、返しのドローで【1-101R】《ギップル》を引き当てました。
既にフィールドに出ている【1-101R】《ギップル》でアタック。当然【3-139C】《ナイト》に倒されますが、続けて他のフォワードでアタックした後に【1-111C】《タマ》を起動、【1-101R】《ギップル》を再びフィールドに出します!
フォワードを並べていたことが功を奏し、全力で攻めて勝つことができました。
土単のパワーを信じてよかった……。

チームメイトも勝利し、いよいよ次は決勝戦です。

 

●決勝トーナメント 第2回戦:対「雷単」デッキ 勝ち

3回戦で対戦したチームとの再戦です。
こちらが先攻で【3-085C】《WRO隊員》を2枚フィールドに出しますが、相手はバックアップがないようで【3-099R】《アンジールペナンス》をプレイ、ヘイストで1点を与えてきます。
返しのドロー!【1-105C】《幻術師》2枚!
次のターン、ドロー!【3-084C】《WRO隊員》2枚!
次のターン、ドロー!【3-095R】《ヤン》!【3-073C】《アーシュラ》

コストの軽いカードを多めに入れていたことが功を奏して、手札を減らさずにフィールドのカードが増えていき、一気に盤面を巻き返していきます。【2-097H】《アルシド》からの【1-125R】《オニオンナイト》で【3-095R】《ヤン》が倒されますが、【3-084C】《WRO隊員》2枚で攻めを継続します。
6点ダメージを与えたところで、【3-100L】《エクスデス》のスペシャルアビリティですべてのカードを除外されますが、手札2枚をコストに【3-154S】《ジタン》をプレイ、続けて【3-073C】《アーシュラ》をプレイ。
【3-154S】《ジタン》でアタックし、【1-106C】《ゴーレム》を召喚して【3-100L】《エクスデス》と相打ち、【3-073C】《アーシュラ》で最後の1点を与えて勝つことができました。

 

最終結果 優勝!!

 

チームメイトの奮闘もあり、東京大会を優勝することができました。
予選ラウンドの個人戦績は3勝3敗と奮わなかったのですが、チームメイトとは同時に負けることがなく、勝ちと負けが最高にかみ合っていました。誰かが負けても、他の2人が勝つことでチームを救う、チームメイトとの絆が強く感じられた大会でした。

 

◆激闘を終えて

今回使用した「土単」デッキは、冒頭でも書いたように自分の性格とマッチしており、とても手になじむ、いいデッキでした。決勝戦などは引きの強さに助けられたところもありましたが、高いパワーラインで押し切るというコンセプトどおりにデッキを動かすことができました。

今回の東京大会レポート、いかがでしたでしょうか。

チームメイトのサポートもあって、3人全員で「MASTERS FINAL」と「THE AFTER」への出場権利を得ることができました。
「MASTERS FINAL」は、各地方の大会を優勝してきた強者たちが集まる大会です。
各地の強豪プレイヤーに胸を借りるつもりで、さらに腕を磨いて挑みたいと思います (´∀`*)ウフフ

Pocket