「矢野通のオイシイ生活」掲載レシピを編集(松)が作ってみた!

皆さん、こんにちは。編集(松)です!

今回から、何回かに渡って現在ホビージャパンより大好評発売中の書籍
「矢野通のオイシイ生活」に掲載されている、絶品お手軽レシピを再現していきます!

こちら「矢野通のオイシイ生活」は、新日本プロレスに所属している人気レスラー・矢野通選手が、
これまでに体験された食にまつわるさまざまなエピソードを軽妙な筆致で綴った1冊となっています!

世界を股にかけて活動されているプロレスラーならではの逸話満載なので、プロレスファンの方はもちろん、そうでない方も楽しんでいただける内容となっております!

加えて、ご自身のYouTubeチャンネル「矢野通プロデュース!!」などで披露されている料理の腕を発揮した、
超簡単&美味なお料理レシピも掲載されているのです!

そこで本企画は、ここで紹介しているレシピで料理を実際に作ってみて、
本当に簡単に美味しい料理が作れるのか実践しようというものなのです!
決して、経費で料理を作って食費を浮かそうという考えではありません!

第1回となる今回は、調味料にかたまり肉を入れ、そのままただ煮るだけでOKという「チャーシュー」を作ってみます!


◆チャーシューづくりの材料と手順
材料と調理手順の確認です! 本に記載されているのは下記のとおり。

●材料(4人分)
豚肩ロース(かたまり) 350g

サラダ油 大さじ1

長ネギ(青い部分) 1本分
水 150cc
醤油 150cc
みりん 150cc
料理酒 150cc
砂糖 大さじ3
おろしニンニク(チューブ) 3cm
おろししょうが(チューブ) 3cm
(これをまとめて[A]とします)
———-

●作り方
①:鍋に油を入れ強火にかけ、豚肉の表面全体に焦げ目がつくように焼く。
②:①に[A]をいれ、落し蓋をして1時間30分煮る。
③:肉を取り出し1cm幅に切る。残った汁を好みの濃度まで煮詰め、肉にかける。

どこの家にもありそうな調味料に、3項目しかないレシピ。これは行けそうです!
では、レッツクッキング!

材料は、お肉以外は家にありました! 調味料だけという潔さがいいですね!

油を引いたフライパンで、肉に焼き色をつけていきます!
しっかりと焦げ目がつくくらい」とレシピは指示しているので、従っていきます!

“しっかり焦げ目がつくくらい”がいまいちわからないですが、
いい匂いはしているので、このくらいでOKということにします!

材料を合せた調味液に肉をIN! あとはレシピに従い90分、気長に待つだけですね!

コンロに掛けているとアクが出てきました。
特に「取れ」という指示はないけど、気持ち丁寧な気がするのでアクは取りました。

気を取り直して90分をしっかりキッチンタイマーで測ります!
落し蓋なるアイテムは家になかったのでキッチンペーパーで代用。まあなんとかなるでしょ!

◆チャーシューのできあがり!!
というわけで、ソシャゲをしたりテレビを見たりとひたすらダラダラ過ごして90分。
本当に1回も台所を覗くことなく過ごしまして、忘れかけてた頃にタイマーが時間を知らせてくれました。

おお、あれだけの調味液はすっかり目減りして、お肉はなんとも食欲をそそる色に変身を遂げておりました!

これはもう見た目からして美味しいやつやん!!

はやる気持ちを抑えつつ、ナイフ入刀! しかしこれが難しい!
お肉が柔らかくホロホロになっているので、購入以来ただの一度も研ぎ直されたことのないペティナイフでは、
お肉が崩れてしまうのです!
結局、開き直って見た目は無視して切りまくりました! 味が良ければそれでええんや!

最終的に、軽く煮詰めた煮汁をかければこの通り!
多少の肉の崩れなど無問題です! どうですこれ、たまりませんよ!

辛抱たまらず冷蔵庫から相棒を取り出していただきま~す!
ああ、柔らかいのに噛みごたえはしっかりとありつつ、こっくりとしたタレが絡んで至福
豚肉の真髄は脂身の甘みですよね!

こうして私の土曜日の午後は優雅に過ぎていったのです!

最後に付け加えますと、4人分の量で再現したのですが、
私一人しか食べていないにも関わらず、30分後には肉片1つ残らなかったのは実に不思議だと思いました。

……次は肉1kgで作ることにします!

今回はこんなところで失礼いたします! ではまた次回!!

最後にもう1回、「矢野通のオイシイ生活」は全国の書店及びネット書店からで発売中です!

Pocket