「天馬解放」だけじゃない!夏の『カードファイト!! ヴァンガード』情報総まとめ!

『カードファイト!! ヴァンガード』の記事連載。今回は7月から8月にかけて発売される新セットの情報を総まとめでお届けします。

皆さん、こんにちは。ライターの神田一です。

この夏も『ヴァンガード』から目が離せません!

7月・8月のカードセットは、アニメで主人公やライバルたちが使用している人気クランが収録される注目のセット。
大会でも人気のクランが収録されるため、環境への影響も気になるところです。

そこで、今回はこの夏の『ヴァンガード』のスケジュールを総まとめしてみました!
見逃すことがないように、しっかりチェックしておきましょう!

◆7月12日(金):「天馬解放」発売

まずは、発売したばかりの最新セット「天馬解放」です!

先導アイチが使用する「ロイヤルパラディン」、そしてスタンダード環境で猛威をふるい続ける「オラクルシンクタンク」は、注目していた方が多いのではないでしょうか?
“イマジナリーギフトⅡ”で大幅に動きやすくなった「なるかみ」「ゴールドパラディン」、最近研究が進んでいる「ぬばたま」も、大会環境で存在感を増してきています。
現在開催中の「BCF2019」の後半戦、この「天馬解放」のカードたちには要注目です。

この記事のラストでは「ぬばたま」のデッキレシピも紹介します!
ぜひ最後までチェックしてくださいね!

◆7月31日(水):「カードゲーマーvol.47」発売!

今月末発売の「カードゲーマーvol.47」では、8月発売の「幻馬再臨」情報をお届け!
もちろん、初公開となるカード情報や、付録PRカードもあります!
また「天馬解放」からは「ロイパラ」「オラクル」「なるかみ」の3デッキをピックアップ。イマジナリーギフトⅡに関する本音コラムも掲載予定です!

◆8月10日(土):「幻馬再臨」発売

今日のカードや週刊ヴァンガ情報局でも情報が出てきている「幻馬再臨」
人気クランの「シャドウパラディン」や、大会でたびたび注目されている「むらくも」などが収録されます。
《モルドレッド》や《ルキエ》など人気ユニットも登場するので、楽しみな方も多いのではないでしょうか?
「幻馬再臨」の新しいデッキレシピ記事も予定していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

◆最新「ぬばたま」デッキを紹介!

お知らせだけで終わらせてしまうのは申し訳ないので、今アツいデッキも紹介しておきましょう。
今回取り上げるのは「天馬解放」で強化された、手札破壊特化型の「ぬばたま」デッキです!
これまで【プロテクト】の中では地味な印象だったクランですが、新たに登場した切り札《修羅忍竜 ジャミョウコンゴウ》の手札破壊能力によって注目を浴びています。
手札を抱えて守りを固める「オラクル」などに対して強いため、大会でも“大物食い”が可能なデッキです。

●サンプルレシピ:「ぬばたま」

カード名 種類 枚数
グレード3(8枚)
修羅忍竜 ジャミョウコンゴウ 4
修羅忍竜 テンドウコンゴウ 4
グレード2(13枚)
忍獣 タマハガネ 4
忍竜 マガツゲイル 4
暴挙の忍鬼 スオウ 3
千本太刀の忍鬼 オボロザクラ 2
グレード1(12枚)
忍妖 ツムジバショウ 4
月下の忍鬼 サクラフブキ 4
忍妖 オボロカート 4
グレード0(17枚)
忍竜 マガツウインド FV 1
忍竜 クロガネ 4
忍獣 トビヒコ 4
忍獣 ミジンガクレ 4
忍妖 ザシキヒメ 4

●デッキのポイント
相手の手札を強制的に4枚にしてしまう《ジャミョウコンゴウ》が出てしまえば、あとはガードがほとんどできない相手を倒すだけになります。

ただし、その条件はソウルにグレード3がいること
ソウルにグレード3を仕込むメインの手段は再ライドなので、そこまでの立ち回りが重要です。
序盤は《忍竜 マガツゲイル》や《月下の忍鬼 サクラフブキ》でカードを引きつつアタックしていきましょう。
再ライドのタイミングまでに、相手を4~5ダメージまで追い込んでおきたいところです。

そして最初にライドしたいのは《修羅忍竜 テンドウコンゴウ》。最初の手札にあるといい感じです。
このユニットから《ジャミョウコンゴウ》に再ライドすると、両者の能力が同時に誘発し、好きな順番で解決することができます。

先に《ジャミョウコンゴウ》の登場時能力を解決すると、ソウルにグレード3の《テンドウコンゴウ》がいるので、相手の手札を4枚になるように捨てさせます。
次に《テンドウコンゴウ》のライドされた時の能力を解決すると、当然相手の手札が4枚なので、コールすることができるというわけです。

前列が埋まっているときはコールしないことも選べますが、このデッキにはグレード2を多めに投入しているので、インターセプトで自分から前列を空けることもできます。
【プロテクトⅡ】を得た場合は、インターセプトがさらに使いやすいでしょう。

また《ジャミョウコンゴウ》の能力は各ターンの終了時にも誘発するので、ソウルのグレード3はあっても損になりません。
相手のドローが強力で長期戦が予想される場合は、コールしないことを選択しましょう。

《ジャミョウコンゴウ》で相手の手札を一気に減らしたら《暴挙の忍鬼 スオウ》や《忍妖 ツムジバショウ》でガードを揺さぶり、最後はヴァンガードのパワーを大幅に上げる《忍妖 オボロカート》でトドメ!

相手の動きを予測し、その裏をかいた動きが楽しいデッキです。
まっすぐに攻めるデッキにマンネリ感を覚えた中級~上級者プレイヤーにオススメのコントロールデッキとなっています!
ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか?

この夏も大きく盛り上がりそうな『ヴァンガード』をぜひ満喫してくださいね!
それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

Pocket