『カードファイト!! ヴァンガード』最新セット「The Heroic Evolution」の注目カード&最新デッキ紹介

本日発売された『カードファイト!! ヴァンガード』の新ブースターパック「The Heroic Evolution」を、「カードゲーマー」の担当ライターが語ります!
新カード紹介だけでなく、注目の新カードを使ったデッキレシピも掲載するのでぜひチェックしてくださいね!

 

「The Heroic Evolution」の発売日となりました!
カードゲーマー本誌で『ヴァンガード』のコラムを書かせていただいております、神田一と申します。

5月3日・4日に開催された大ヴァンガ祭で先行販売となった「The Heroic Evolution」
今回は発売記念ということで、本セットに収録された注目カードと、それを使った新たなデッキ案をお送りいたします。

●「The Heroic Evolution」の収録クランは…?

櫂トシキ、三和タイシ、そして伊吹コウジの「ゼロ組」が使用する切り札を収録した「The Heroic Evolution」のクランは、【かげろう】【ノヴァグラップラー】【リンクジョーカー】の3つ。
また今回は【かげろう】と【ノヴァ】に、安城マモルと葛城カムイが使用するユニットも収録されている点も見逃せませんね。


◆注目カードその1《ドラゴニック・ブレードマスター》

Gシリーズの「ヴァンガード」をご存知の方は、4月のアニメ新シリーズ発表会で驚いたことでしょう! 私も驚きました。
なんと、安城マモルが登場します!
Gシリーズでは頼れるお兄さん(そして苦労人)だった彼が、どのような活躍をするのか楽しみですね。

さて《ブレードマスター》は、除去能力に加えてグレード3のアタッカー《幻焔・トークン》をコールする能力を持っています。

全体除去で相手の攻撃力を削いで防御面が安定するだけではなく、相手のリアガードがいなくなれば《ブレードマスター》や《ドーハ》は攻撃面でも強化されます。
さらにトークンは、リアガードでツインドライブが可能な能力を持ちます!
合計4回のドライブチェックは《ドラゴニック・オーバーロード》やその進化形に匹敵する攻撃力がありそうです。

◆注目カードその2《超獣神 イルミナル・ドラゴン》

カムイが使用する“獣神”は、バトル以外のタイミングでリアガードがアタックするというアグレッシブさが特徴です。
《イルミナル・ドラゴン》は、そのバトルを後押しする能力を持つといったところでしょうか。

味方のアタックがヒットしなければ、その味方をスタンドし、パワーを上げて再アタック。
相手にしてみればガードしても追加で攻撃されるわけですから、最初からノーガードしてくれそうです。どんどんダメージを与えられますね。

しかし、ここでは終わりません。
ヒットすると《イルミナル・ドラゴン》のパワーが+15000され、今度はこちらがガードしにくくなります
相手が持っている選択肢の両方をふさぐ形なので、使われるとイヤな能力ですね。

◆注目カードその3《ハーモニクス・メサイア》

スタンダードの【リンクジョーカー】は【デリート】を使う“根絶者”と、トリガー反転を使う“星骸”が主な切り札でした。
今回の“メサイア”は、味方を【呪縛(ロック)】する能力を活用する新たな戦略が特徴です。

【呪縛】は、1ターンの間アタックもブーストも移動もできない状態。
山札からリアガードサークルに【呪縛】状態で置く能力は、1ターンの間戦力として使えない代わりに、コストが低くなっています。
そして《ハーモニクス・メサイア》が持つ【解呪(アンロック)】能力を組み合わせれば、そのターン中にアタックできるようにもなるのです。

Gシリーズで【リンクジョーカー】を使っていたプレイヤーには、使い慣れた戦略かもしれませんね。

 

◆《ドラゴニック・ブレードマスター》を使ったデッキ案を紹介!

今回ご紹介するのは《ドラゴニック・ブレードマスター》を軸にしたデッキ。
能力を使うために必要な《ワイバーンストライク ドーハ》と《ワイバーンストライク ギャラン》も強力な能力を持っているのがいいですね。
再ライドも《シャインバルディッシュ・ドラゴン》のおかげでそれほど難しくありません。
相手リアガードを全滅させる能力を利用して、パワーを上げてアタックしましょう!

●《ドラゴニック・ブレードマスター》デッキ

カード名 枚数 種類
グレード3(9枚)
ドラゴニック・ブレードマスター 4
シャインバルディッシュ・ドラゴン 4
ボーテックス・ドラゴン 1
グレード2(11枚)
ワイバーンストライク ドーハ 4
バーサーク・ドラゴン 4
ドラゴニック・バーンアウト 3
グレード1(13枚)
ワイバーンストライク ギャラン 3
希望の火 エルモ 4
リザードソルジャー ラオピア 4
ドラゴンダンサー ジョゼ 2
グレード0(17枚)
ワイバーンキッド ラグラー 1 FV
アングリーホーン・ドラゴン 4
槍の化身 ター 4
魔竜導師 ラクシャ 2
ワイバーンガード バリィ 2
ドラゴンモンク ゲンジョウ 4

欲しい初手は《シャインバルディッシュ》へのライドが狙える5枚。欲を言えば《ドーハ》以外のグレード2にライドできる手札ならより理想的です。

《ブレードマスター》は再ライドによって真価を発揮する能力なので、最初のライドはアドバンテージが取れる《シャインバルディッシュ》がオススメ。

グレード2では、ヴァンガードで強力な《バーサーク》にライドしたいところです。

さて《ブレードマスター》への再ライドに成功したら、能力の準備をしましょう。
《ドーハ》は【かげろう】には珍しく、山札から直接味方をコールする能力を持っています。
これで《ギャラン》をサーチすれば《ブレードマスター》の必殺技は準備完了です。
(直接サーチができるので《ギャラン》の枚数は3枚になりました)

そして必殺の……!と言いたいところですが、起動能力の前に《リザードソルジャー ラオピア》のコールを忘れずに
相手のリアガードが退却した数×5000のパワーアップができるので、攻撃力を大幅に底上げできます。

ここまで準備が整ったら、必殺のソウルブラストを起動!
《ラオピア》の前に《幻焔・トークン》をコールして、超高パワー&ツインドライブで一気に攻め込みましょう!
(ドライブチェックの破壊力を高めるため、☆トリガーも増やしています)

下準備がなかなか大変なデッキですが、決まった時の破壊力は抜群です!
序盤を乗り越えて必殺技を決める、爽快感のあるデッキになっています。よろしければ参考にしてみてください。

「The Heroic Evolution」の最新デッキは、5月31日(金)発売の「カードゲーマーvol.46」でも特集します!
そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

Pocket