【トリモン】コラボ&報酬カード復刻!

こんにちは!カードゲーマー『トリプルモンスターズ』担当ライターの神田一(かんだはじめ)です。

7月17日のアップデートより「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」のコラボカード10枚が実装となりました。主に【水】【雷】【火】の3属性を対象にした強化が施され、属性全体のバランスが一気に調整された印象です。さらには「イベント報酬カード」の復刻もスタートし、イベント期間を逃すと入手できなかったカードたちが期間限定交換所に登場しました。これから『トリモン』を始める方にはまさしくグッドタイミイングなので、賞金獲得を目指してスタートする絶好のチャンスといえるでしょう!


■「レヴュースタァライト」コラボ

7月12日からTVアニメ放映がスタートした「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」。それに合わせて『トリモン』ではコラボイベント&コラボカードが実装されました。一挙10枚という過去最大ボリュームの追加カードということで、個人的には「スタァライト」に対する気合いが感じられるところです。期間中のピックアップやアリーナAP報酬として入手できるので、気合を入れてゲットしておきましょう。ということで、今回は追加された10枚のカードそれぞれを考察していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

《神楽 ひかり》―――味方へのバフと相手へのダメージをこなすマルチなスキル。複数回ダメージなので《氷竜王 グラキエス》《魔性の歌姫 セイレーン》などと組み合わせてダメージを底上げりたいところです。ダメージ重視なら《舞台少女 愛城 華恋》の採用も検討できるでしょう。

《花柳 香子》―――味方全員が【水】という条件はあるものの、構築やプレイング次第では《ジャック・オー・フロスト》の上位互換として機能します。《神楽 ひかり》と組み合わせて大ダメージを狙いましょう。同じく味方に【水】を要求する《ウォーター・ドラゴン》なども採用した複数回ダメージ重視のデッキとは相性抜群です。

《天堂 真矢》―――強力なインヴォークスキルを持ちますが、「相手より魔力最大値が低い」という条件付き。実質的なトータルパワーは《嵐と雷の神マルドゥーク》と同等の38,000に達するので、いかに条件を満たすかがポイントになりそうです。デッキを組む際には魔力最大値を下げるスキルの採用が必須です。

 

 

 

 

 

 

 

 

《露﨑 まひる》―――初の魔力最大値を下げるエヴォークスキル持ち。強烈なデメリットですが、パワー12000+味方全体バフと強力です。先行も取りやすく実質的なトータルパワーも20,000と隙のない能力になっています。

《星見 純那》―――「空いているエリア」を参照する新タイプのスキル。相手モンスターの送還や味方を犠牲にするスキルと相性がいいですね。《溶岩竜 ラーヴァ・ドラゴン》《熱風の悪魔 シューツ》など、いろいろなコンボが考えられそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

《西條 クロディーヌ》―――エヴォークスキルながらダメージを与える新スキル。単純に相手のトータルパワーを下げるのはもちろん、ダメージ増加と組み合わせて《ハーピィの姫君 クレス》《ジャガーノート・マキシマム》などの送還を狙ったり、【幻】の隠密を取り払ったりできそうです。先攻時に送還できればスキルごと封じることができるので、戦略の幅が大きく広がりましたね。

《舞台少女 愛城 華恋》―――永続ダメージ強化を持つ無色のカード。【水】【雷】といった複数回ダメージを得意とするデッキでは採用がありそうです。かわりにパワーが低いので、そのターンをどう立ち回るかが重要になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

《愛城 華恋》―――【火】待望の隠密対策のダメージスキルです。2,000ダメージで隠密を取り払ったうえで7,000ダメージを叩き込めます。こちらもダメージ増加スキルと合わせて10,000ダメージ以上を狙いたいところです。

《石動 双葉》―――コスト2でダメージ+2,000と優秀です。魔力最大値が低ければさらに強化されるので、《露崎 まひる》と合わせて使うのがオススメでしょう。さらに《天堂 真矢》まで繋がればトータル84,000! 勝ったも同然でしょう。

《大場 なな》―――これまで【水】が苦手としていた幻惑の対策カード! ジャッジスキルなので先攻後攻は関係なく守りきれれば問題ありません。スキルが無駄にならないように《魔性の歌姫 セイレーン》と一緒に出したいです。


■イベント報酬カードの復刻がスタート!

アップデートに合わせて過去のイベントで配布された報酬カードの交換が「期間限定交換所」でできるようになりました。報酬カードのなかには必須と言ってしまってもよいほどのカードもありますので、非常にありがたい復刻。今回は合計7種類のカードが復刻されていますので、取り逃してしまった方はこの機会にゲットしておきましょう。また、これから『トリモン』を始めようという方向けに、特に「これだけは手に入れておきたい!」というカードを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

《Chouchou アリム》―――【水】の序盤を支えるドローカード。サービス開始時のイベントから待望の復刻です。《アリム》が有るのと無いのでは安定感が大きく変わってきますので、ぜひ入手したいところです。覚醒までできれば理想ですが、ひとまずは2枚そろえておきましょう。

《Chouchou パラル》―――手札5枚以上で実質29,000というレジェンドにもひけを取らない破壊力を叩き出します。インヴォークの選択肢として1枚は持っておきたい。優先順位は《アリム》より低いですが、余裕があればこちらもぜひ。

 

 

 

 

 

 

 

 

《ファントム・ブラスター・ドラゴン》―――【幻】には貴重なCパワー特化型のスキル。コスト5と軽めなのも嬉しいポイント。《黒天太陽竜 アジ・ダハーカ “ダ・エーワ”》より優先度は低いですが、レアオーブに余裕があればゲットしておきましょう。

《黒天太陽竜 アジ・ダハーカ “ダ・エーワ”》―――手札の数だけ8,000ダメージを飛ばす【幻】の最終兵器。《気まぐれサキュバス シュシュ》《チクタク・ワーカー》と合わせれば最大11,000×7と信じがたい威力になります。【幻】デッキではもはや必須といえるカードでしょう。


■カードゲーマーにトリモン記事が掲載!

そして7/31(火)に発売される「カードゲーマーvol.41」「スタァライト」コラボ!
花柳香子を演じる伊藤彩沙さんが表紙を飾ります!

もちろん『トリプルモンスターズ』記事も掲載されています。わたし神田と編集部の方による「Evorker’s Tournament優勝属性予想」などおもしろい記事になっていますので、ぜひチェックしてみてください!

今回は新たに実装された「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」のコラボカードと、期間限定交換所に実装されたイベント報酬カードを紹介しました。8月にはいよいよ賞金制大会「Evoker’s Tournament」が開催されます! ランキング上位以外にも可能性があるうえに、本戦に出場できれば賞金が確定するルールですので、今から始めても可能性は十分にあります。来る予選大会に備えて今のうちにカードをしっかりと揃えて練習しておきましょう!

それでは、また次回。

Pocket