1. ホーム
  2. >
  3. 月刊Gun Professionals2018年11月号

月刊Gun Professionals2018年11月号 新刊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【キンバー K6s】 多数の魅力的な1911系ハンドガンをラインナップし、LAPD S.W.A.T.にも供給しているキンバー社が、2016年に突如市場に投入したスナッブノーズリヴォルヴァーがK6sです。
2インチ銃身の小さなボディから357マグナムを6連射できることから、コンシールドキャリー用として大いに注目を集めました。
今回はこのリトルジャイアントを徹底的に撃ち込んで、その魅力をお届けします。

【FN 509 タクティカル】
アメリカ軍次期制式拳銃を決めるMHSコンペティションにFNアメリカが投入したモデルがFN 509です。
結果的にSIGザウエルの提出したP320が選定されましたが、FN 509はアメリカ軍の要求仕様をすべてクリアしており、
ほぼ互角の性能を持っています。
今回御紹介するモデルはそのタクティカル仕様で、ネバダ州の法執行機関により採用が検討されているものです。

【コルトパイソン.357】
2005年にパイソン50周年記念モデルが限定販売されたのを最後に、コルトは一度もパイソンを製造供給していません。
その結果、パイソンの価格は高騰、今では立派なコレクターズアイテムとなりました。
Turkがコルトパイソンの実射リポートを旧Gun誌で行なったのは1977年6月号のことでした。
あれから41年が経過した今、改めてパイソンを手にリポートをお届けします。

【マイク・ダルトン】スティールチャレンジを生み出した伝説のシューター
マイク・ダルトンは1974年に1911を手にシューティングマッチに参加しました。それ以降、彼はたくさんのシューターに射撃の楽しさを伝え続けてきました。
現在も続くスティールチャレンジは、彼とその仲間達の努力によるものだといえます。
そんな伝説のシューター、マイク・ダルトンの44年の歩みを今、振り返ります。

【サプレッサー対決! フィッシャーデベロップメント FD917 vs. B&Tインパルス-IIA】
サプレッサーはバレルに加工を施して取り付けることがこの世界の常識でした。
しかし、銃本体は無加工のまま、レイルに装着できるサプレッサーが登場しました。それがフィッシャーデベロップメント FD917です。
このイノベイティブなサプレッサーを有名なB&Tの製品と比較、その機能性と消音性能を確認します。

関連書籍

お知らせ

RSS
2018-10-31(Wed)

出版物一覧注文書11月更新

        ホビージャパン出版物注文書 ガンダム関…
2018-09-18(Tue)

宇宙戦隊キュウレンジャー公式完全読本プレゼントキャンペーン実施中!

ページ下の書店様にて「宇宙戦隊キュウレンジャー公式完全読本」をご購入頂いた方へ…
2018-03-01(Thu)

仮面ライダーW特写写真集KIRIFUDA[復刻版]プレゼントキャンペーン実施中!

「仮面ライダーW 特写写真集 KIRIFUDA[復刻版]」ご購入の方を対象に特典プレゼント…

ホビージャパンのツイート

ホビージャパンの定期誌

Hobby JAPAN

Gun Professionals

宇宙船

Arms MAGAZINE

カードゲーマー