**
>> 最新案内
『ブルーマックス』日本語版


  • プレイ人数:2人~6人
  • 対象年齢:12歳以上
  • プレイ時間:約90分
  • ゲームデザイン:フィリップ・ホール
  • 製造:Stratelibri
  • 日本語版販売:ホビージャパン
  • 発売:好評発売中(2014年1月)
  • 価格:6,000円+税



主な内容物

  • ルールブック
  • 空戦の舞台となる両面印刷のボード
  • パイロットスクリーン6つ(各陣営3つずつ)
  • 飛行マニュアル18枚
  • 打ち抜きシート3枚
  • 六角形の機体タイル18枚
  • 楕円形の弾薬トークン15個(一部の選択ルールで使用)
  • 黄色六角形の準備完了!マーカー6個(各プレイヤー1個)
  • 丸形の高度トークン30個(各プレイヤー5個ずつ、一部の選択ルールで使用)
  • 四角の高度飛行トークン24個(各プレイヤー4個ずつ:降下、上昇、維持、着陸、一部の選択ルールで使用)
  • 星形の特殊ダメージトークン12個:発煙/火災; 偵察員死亡
  • 丸形の燃料トークン60個
  • 小型カード144枚:ダメージカード136枚(“A”タイプ24 枚、“B ”タイプ44 枚、“C ”タイプ44 枚、“D”タイプ24 枚);高度カード5枚、方向カード3枚
  • 標準の機体カード18枚
  • ゲームシートを綴じた記録用紙
  • 特製ダイス6個

ブルーマックス


それは、最後の騎士たちが繰り広げた大空の戦い。

 第一次世界大戦において、泥にまみれた塹壕戦は、個人の勇気とは無縁で、名誉などどこにも見出すことのできない凄惨な戦いとなった。機銃の発達は騎兵突撃を陳腐化させ、塹壕にこもった歩兵を制圧するために毒ガスや戦車などの新兵器が投入された。
 だが空は、個人の勇気と名誉を示すことのできる、最後の戦場だった。
 布張りの機体に100馬力程度の発動機を積んだ飛行機に乗るのは、己の技量と経験を頼りに闘う最後の騎士たちだった――


傑作空戦ゲームのビジュアルとプレイアビリティを向上

 『ブルーマックス』はアメリカGDW社の傑作空戦戦術級シミュレーションゲームの改訂新版です。
 プレイヤーは第一次世界大戦のパイロットとなって、孤独な空中での任務をこなすことになります。
 プレイヤーはそれぞれ、自機の現在の速度や高度に従って行動できる機動をひそかに計画し、同時に公開して移動を解決します。相手の機動を読み、己の機体の限界を知らなければ、生き残ることはおぼつかないでしょう。
 射撃は新規にデザインされたカードを使用するものとなり、より描写性に富むものになっています。
 選ぶことのできる機体はフォッカーDr.IアルバトロスDIIIハルバーシュタットCL.IIニューポール24ブリストルF.2Bソッピース・トライプレーンなど独仏英の代表的な機体が収録されています。
 また旧GDW版より、マップ、ユニットなどのアートワークは臨場感あふれる美しいものとなり、ヘクスサイズも2インチサイズと大きなものとなっています。



ブルーマックス 日本語版 内容物


©Stratelibri 2013 © 2014 HobbyJapan CO.,Ltd All Rights Reserved.一切の無断転載を禁止します。 ホビージャパントップへ